HOME  >   全イベント一覧  >   【オンライン】楽しい仏像鑑賞「続 仏像の来た道」4回目

【オンライン】楽しい仏像鑑賞「続 仏像の来た道」4回目

 

我が国の仏像鑑賞の文化を学びます。仏像を拝むとは、美術鑑賞かそれとも信仰行為なのか?
講師:三津井 博昭氏

 
 

オンライン講座 いよいよ、続 仏像の来た道の最終回です。昨年からオンラインで始まった講座ですが、関西のみならず東京からもたくさんの方に参加いただき、多くの方々と一緒に学ぶことができました。 この講座を受講された皆さんは、これから今まで以上の関心をもって仏像を鑑賞されることでしょう。 【7月講座内容】 「仏像鑑賞の文化」 1.仏像、信仰と美術の間で インド仏舎利礼拝と日本の仏教美術論  2.巡礼の風習 平安時代から現代まで  3.巡礼記 唐へ行った円仁 平安、大江親通の七大寺日記・巡礼私記  4.江戸時代の寺院 出開帳 仏像の出張展示  5.明治以降 教養としての古寺巡礼  6.観光としての古寺巡礼、TV番組による特集など 6月の講座「明治維新と廃仏毀釈」も、まさに「目からうろこ」の素晴らしい内容でした。見逃し配信も行っております。ご希望の方はご連絡ください。 【見逃し配信ができる講座】 4月 続・仏像の来た道  神仏習合と神像     ・日本の神々の出自     ・神仏習合へのステップ 神身離脱から     ・神仏習合の歴史 日本の神社はどの信仰が多い?     ・神像とは      ・八幡神から権現神まで 5月 続・仏像の来た道  江戸時代 円空仏・木喰仏     ・江戸幕府の仏教制作と寺院統制      ・寺請制度       ・仏像の大衆化と仏像製作     ・円空仏と木喰仏 6月 続・仏像の来た道  明治維新と廃仏毀釈     ・廃仏毀釈運動と仏像たちの受難     ・アーネスト・フェノロサ 岡倉天心 九鬼隆一     ・仏像の西洋世界への還流 ボストン、パリなど 【講師紹介】 新現役ネットでは自主グループの海原探検隊・スキューバーダイビング同好会に所属され、10年くらい前から、仏教美術(仏像彫刻)に興味が沸き、芸術大学などの講座を受講して、現在は、3つのサークルで「仏像の来た道」と云う講座を実施。     【申し込み後の流れ】 講座開始までにお振込みをお願いします。 お振込みの確認ができ、資料が出来上がりましたら、オンラインZoom招待メールと資料を前日までに送らせていただきます。 資料は、Zoomの共有画面を使ってご覧いただきます。 ※参加費ご入金後キャンセルされた場合、ご希望により講義のレコーディングデータと資料を送らせていただきます。参加費のご返金はございません。 ※当日paypayでのお支払いの方はお知らせくださいませ。 【現地講座】 実際に仏像を見学・鑑賞して、さらに理解を深める講座を秋に実施予定です(京都)       ★★★マイページをまだ作成していない方へ★★★ 下記メールアドレスでもイベントを受付しておりますので、直接下記をクリックし、メールにてお申込みください。 eventsanka@shingeneki.com  ※イベント名・氏名・お連れ様(いらっしゃれば)・電話番号を明記してください。

詳細情報

イベント名 【オンライン】楽しい仏像鑑賞「続 仏像の来た道」4回目
講師 講師:三津井 博昭氏
対象者 全員可
開催日時 2022年7月12日(火) 10:15~12:00 Zoom入室受付10:15~
場所 ご自宅 オンラインのできる環境
参加費 正会員:1,000円  準会員:1,500円  一般参加者:1,500円  
支払い方法※参加費は、下記いずれかの方法で事前入金でお願いします。
paypay⇒ 東京本部、関西支部にて決済ください。
振込先⇒ 三菱UFJ銀行・丸の内支店(普)0007121 口座名:特定非営利活動法人新現役ネット 振込人の前に0712(講座実施日)をご記入下さい。
※キャンセルについて ⇒ 前日までにお願いいたします。(キャンセルに伴うご返金はありません)
定員  
参加条件
備考

申込みにはログインが必要です。